前へ
次へ

かがめない腰痛には体幹を鍛えるのがポイントに

スムーズに前にかがめない辛い腰痛で悩むこともありますが、いくつかの原因が考えられます。日頃から姿勢が

more

腰痛の時にお風呂に入ってもよいのか

かつては風邪をひいたらお風呂に入らない方がいいとされていました。今は少し変わって引き始めならさっと浸

more

老後の腰痛が原因で子供を持ち上げるのも困難に

年齢が70を超えると足腰が常に弱っていると感じてしまうのですが、無理してでも孫を抱えてみたいと考えて

more

内臓を冷やさないで腰痛予防

人間の生理的な機能というのは生きていくうえで正常に働くことで、健康な体を維持していることがわかります。例えば寝冷えをすることで下痢をしてしまう人もいますし、冷えていることから風邪をひいてしまいくしゃみや鼻水が止まらなくなることもあります。また偏頭痛持ちの人の痛みが酷くなると嘔吐することもありますし、大病をすると寝汗をかくこともよくあることです。これらの症状は高齢者になると気温も体温も下がる夜間に頻尿が起こることとつながっていることから、睡眠時間の減少につながってしまいストレスが高くなることは間違いありません。冷えによって関節の痛みが酷くなることでは、腰痛がよくおきやすくなりますので、実は慢性的な腰痛には冷えが関わっていることがわかっています。そのために腰回りの筋肉をマッサージすることで一時的には血流がよくなるために回復しやすくなっていて、痛みが取れたような気になってしまいますが、実は一過性のことも多いです。こういった症状を良くしていくには冷えを解消して温かい状態を作っていくことが大事で、日ごろから対策をしていくことに治していくポイントがあります。やたらと汗をかく人では多汗症になっている人もいますし、冷え性や痛みとは一見、関係がないようですが、水分を取りすぎていると関係が悪化してしまいます。また尿からの水分排泄が悪いケースでは、体内に水分を溜めすぎている状態なので、余計な水分が他から出ていることも少なくありません。冷えることによってマイナスになっているのは、実は内臓機能にも影響をしていて、内臓が冷えることで本来の正常働きができなくなり、必要な血流が滞ってしまうことが余計に悪くさせます。不必要なところに水分が溜まりすぎてしまい、本来は排泄されなくてはいけないところが関節の冷えにも繋がっていることは問題です。腰痛などの対策としては常に内臓を冷やさないことや、お湯を飲むことで内臓を温めることができます。

今話題のピラティスを札幌で
国家資格を持ったスタッフが快適なカラダへと導きます

Page Top